我が家の温度変化(冬季版)

今回は、我が家の昨晩から今朝にかけての温度変化を参考にして、断熱性から得られるメリットを感じて頂きたいと思います。
※既に断熱性の高い家に住んでいる方を除く。

昨晩(12月24日)の深夜23時過ぎの外気温は1℃、それに対して室内温度は20.1℃でした。
因みに湿度は57%でした。
勿論、

朝から晩まで暖房はつけていません。

そしてそのまま暖房を一切つけずに朝まで休み、今朝の外気温は0℃、それに対して室内温度は19.6℃、湿度64%でした。

これらから温度が0.5℃しか下がっていないことがお分かりいただけます。

まさか、嘘だろう?

なんて声が聞こえそうですが…

本当なんです!

実は昨年の同時期で同じくらいの環境においてはもう少し温度が下がっていました。
具体的な数値は資料を引っ掻き回さないと出てこないので省きますが、確か17℃~18℃くらいだったと思います。

では何故2℃~3℃の室温低下を防げたかというと、『インプラス』を入れたからです。

インプラスを入れてから外の音も聞こえなくなり、本当に快適になりました。

もともと我が家はH25年省エネ基準Ⅳをクリアしていますが、快適性は数値だけでは測れません。

特に我が家の場合、お金がなかったので後から手を加えられる部分は極力ランクを落として計画し、大切な部分をなるべく充実させるように建設したので、耐震性や省エネ等級は上位で設計しましたが、あとから強化すべく伸びシロを残してコスト削減したのです。

そこで予定より早いのですが、諸事情により先に窓を強化したのです。
勿論、すべての窓はやりませんが、日々の生活の中で必要性を感じる窓をリフォームしました。

でも本当にやってよかったと毎日の生活で実感しています。
職業柄、窓から逃げる熱がどれほどのものなのか、例えそれがLOW-E複層ガラスだとしても、その熱損失は壁の比ではないことを数値として知ってはいましたが毎日体感するとまったく別次元ではいってきます。

これから益々寒くなります。
皆様にも是非オススメします。

埼玉県の蕨駅を中心にして60分、状況によって90分まで施工対応できるケースもございます。
気になる方で該当エリアの方は、まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

インプラス取付 埼玉県川口市の施工店

今回は少しずつ浸透してきているインプラスという内窓のご案内をさせて頂きます。

実は日本の住宅は、窓が弱点であり、窓の断熱性能が他の先進国に比べて低いと言われています。

実際に平成10年でみると、複層ガラスの新築一戸建て住宅への普及率は30%程度であり、現在(平成28年)の90%以上と比べるとその差は歴然です。

また、LOW-E複層ガラスも、販売当初の平成18年でみると20%弱、平成20年で30%超、平成25年で60%超という伸びを示しており、現在では建売住宅でもLOW-E複層ガラスが当たり前という時代となりました。

そんな中で、部位によってはさらにインプラスという内窓を付けるもよし、もう少しサッシ自体の性能を上げるのいいでしょう。

ではなぜこのように窓の性能を高めているかというと、前述したように、日本の窓は他の先進国に後れをとってきました。壁には分厚い断熱材をこれでもかというほど詰め込むというのに、窓の断熱性能が低いのでは、せっかく壁に分厚い断熱材を入れても半減してしまいます。そこで極力窓の性能を向上させて省エネ住宅として地球温暖化等の問題を軽減していくのが私たち住まいを手掛け、そして住まわれる皆様の良心だと思います。

さてこのインプラスは、新築でもリフォームでも使用できます。
広告や宣伝では今ある窓にもうひとつ窓を・・・というようなリフォーム的なものになってきるかもしれませんが、実際に新築でも熱損失の大きな窓には取り付けると効果的かと思います。

とはいっても需要はやはりリフォームのほうが圧倒しており、前述した戸建新築住宅に採用された窓の性能に応じて、ガラスが一枚で構成されている「単板ガラス」、ガラスが二枚で構成されている「複層ガラス(ペアガラス)」、そして現在多く採用されている複層ガラスの一枚をLOW-Eガラスとした「LOW-E複層ガラス」とあり、このうち最後にご紹介したLOW-Eガラス以外については、いずれも断熱性能が低いため、インプラスによる窓のリフォームを行うことで、省エネ住宅になり、また快適な生活を手助けしてくれると思います。

インプラス
このようにインプラスは既存の窓枠に取付けるか、既存の窓枠を加工して取り付けるため、既存の窓は現状のまま、室内側にもうひとつ窓を付けるというものです。この際に室内のリフォームなども同時に行えば耐震補強や高性能断熱材への入れ替えなども行えるので、その分長期にわたって快適性や耐震性、耐久性がアップするでしょう。

以上、窓だけの工事であれば工事費用も抑えることができるので、是非採用したい商品のひとつとしてお勧めしております。

当社施工エリアをご確認頂き、お気軽にお問合せ下さい。
info@ekenchiku.com